FC2ブログ
コンテントヘッダー

ピンクに染めたモヘア No.0005 実験ウサギ1-2


作品の紹介です。

No.0005座った正面

No.0005ぶら下げた正面

No.0005ぶら下げた背面

No.0005顔アップ

【仕様】
Serial No. 0005
Name: 実験ウサギ1-2
Color: ピンク&ピンク
Birthday: 2015.6.7
Stature: 16cm
Weight: 49g
Type: 実験ウサギ

【主な材料】
本体:モヘア、グラスアイ、目用糸、ハードボードジョイント5セット、ポリエステル綿、ビーズ、刺繍糸、ステンレスビーズ、ネームタグ
飾り:チャーム(ラビットスカル)、チェーン、丸カン

【クラス】
騎士
(ご主人様が見つかりました)


No.0005モヘアを専用の鍋でピンクに染色中

No.0005左:染める前の白いモヘア、右:染めた後のピンクのモヘア 乾燥中

No.0005制作途中

No.0005腕の小さなジョイントを巻くのに奮闘中

【制作背景・感想など】
2番目の実験ウサギには、手染めしたピンクのモヘア(ボディの濃いピンク)を使いました。染めるときは白のモヘアを使います。染料をお湯で溶いて、鍋で適温にキープしつつ、まだらにならないよう時々攪拌しながら染めます。色の調整は染粉の配分で決まります。好みの色味を出せるようになるには、もう少し時間がかかりそうですが、実験のようで楽しみでもあります。

1番目の実験ウサギは、モヘアの組み合わせがブルーとイエローという補色の激しい色使いで、あとで冷静になってみたらやっぱり激しい組合せだなと思いました。あのときは、いろいろなモヘアが使えて楽しいって勢いが先走ってしまったようです。
そこで2番目の子は、濃いピンクに薄いピンクを合わせてモヘア同士が馴染むようにしました。落ち着きを感じます。
2色以上のモヘアを組み合わせるときは、カラーバランスを考えないと、とても激しい子が生まれるということが解りました。

この実験ウサギは、1番目の実験ウサギより手足を細身にしてあります。そのため少し華奢な印象で、身長も1cmほど小さくなりました。
手足を細くしたので、ジョイントも一回り小さいサイズをセット。ジョイントが小さいとモヘアに埋もれてしまうので、ピンを巻くのに苦労しました。
スポンサーサイト
プロフィール

FluffyKnights

Author:FluffyKnights
うさぎとヴィンテージぬいぐるみ好きの夫婦。
2015年からうさぎのぬいぐるみを中心としたハンドメイド作品を作っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR