FC2ブログ
コンテントヘッダー

ハガキで応募 テディベアコンベンション2019


出展応募ハガキを記入するブルーイエロー先生、往復はがきをはじめて見たムーベンちゃん

『テディベアコンベンション2019』への出展募集が始まったので、先日応募しました。

今回も抽選があり、出展できるかどうかは年末にわかります。

次の会場は、『東京都立産業貿易センター台東館』
フロアは2つに分かれるのでどんな雰囲気になるのかな?



【ムーベンちゃん、初めてのおつかい お話】

応募ハガキはブルーイエロー先生が書いていました。

ブルーイエロー先生は、騎士養成学校のお仕事が他にもあり、忙しくてお出かけすることができません。

応募ハガキを記入中のブルーイエロー先生

今年は、ムーベンちゃんにハガキをポストへ投函するお手伝いをお願いしました。

ムーベンちゃんは、おつかいは初めて。

「ポスト」が何かもよくわかりません。

そこで、「まどぐち」に行って渡すことにしました。

「ゆうびんきょく」にたどり着いたムーベンちゃん

ムーベンちゃんは、行き方を教えてもらった地図を見ながら「ゆうびんきょく」にたどり着きました。

2階ではぽすくまさんが荷物の仕分けをしています。

「まどぐちはここですか?」「そうです、郵便をご利用ですか?」

ムーベン 「まどぐちはここですか?」

郵便局員さん 「そうです、郵便をご利用ですか?」

ムーベン 「この、おうふくハガキを出したいです」

郵便局員さん 「はい、承りました」

ムーベン 「おねがいします」

郵便局員さん 「ありがとうございました」

無事に「まどぐち」でハガキを出せたムーベンちゃんは、まっすぐ帰りました。

おつかいのご褒美はアップルパイとミルクティ

騎士養成学校の2階の事務所に着くと、テーブルにはアップルパイとミルクティが準備されていました。

ブルーイエロー先生 「おつかいありがとう、ご褒美だよ、召し上がれ」

ムーベン 「わーい、もぐもぐぐぐ、うまうま」


よかったね、ムーベンちゃん。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

テディベアコンベンション2018 ご来場ありがとうございました。


テディベアコンベンション2018 FluffyKnights A67 テーブルの様子

2018年7月7日~8日に開催されました、テディベアコンベンション2018は無事終了いたしました。
暑い中、また遠いところご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

私たちも前日まで気を抜かず、健康管理に気を付け、なんとか出展できました。

今回は新作2体を含む、計13体を連れて行きました。すべてうさぎです。
そのうち、
チャリティーラッフルのカーリエちゃん、
古城の屋根裏うさぎのナイアちゃん、
Weary bunnyのチルキーちゃんが
新しいご主人様に叙任され騎士として旅立っていきました。

うさぎたちが旅立っていくことは嬉しいことです。
しかし毎回心がキューンと切なくなります。
あの子たち一人前に騎士ができるかしら?もう会えないのかしら?と、なんとも言えない気持ちになります。



【感想】
《1日目》 7月7日(土)

東京メトロ副都心線 西早稲田駅 出入口2 付近

1日目は東京メトロ 副都心線 西早稲田駅から歩いて会場へ向かいました。
朝8時50分ごろの天気はくもり。雨のなか荷物を運ばなくて済んだのが良かったです。

新宿諏訪神社さんの鳥居

交差点を曲がり、諏訪通りをまっすぐ行くと途中『新宿諏訪神社』さんの鳥居が見えてきました。
思わず、「今日明日のイベントが無事進行しますように」と立ち止まって外からお祈りしてしまいました。

会場のベルサール高田馬場 後ろはオフィスビル

さらにまっすぐ行くと、会場の『ベルサール高田馬場』に到着。大きなビルは関連のオフィスビル。手前の、ガラスとグリーンの対比が印象的な建物が会場のエントランスになります。

右側にインフォメーションボード

エントランス右側には、イベントポスターがインフォメーションボードに貼ってありました。
ポスターを見るとピリリと気が引き締まります。

ディスプレイ準備中

エントランスを通り、地下2階のホール入り口で、スタッフパスのチェックを受け、自分たちのテーブル前に到着。
もう9時を回っていたので、急いで主人と二人でディスプレイを開始。
前日に自宅で練習したディスプレイの画像を確認しながら、主人が黙々と設置してくれたので、とてもスムーズでした。

チャリティーラッフル展示棚で緊張しているカーリエちゃん、頑張るのだよ。

10時には、チャリティーラッフルに参加する『カーリエ』ちゃんを展示棚へ預けに行きました。

ディスプレイ準備完了 イベント始まりまーす。

「まもなく開店です」の放送後、11時いよいよ販売スタート。ホール内は一気にお祭り空気に変わっていきます。

1日目が終わり、ベアたちはみんなおやすみなさい。

そして気が付くと17時、1日目が終了しディスプレイやベアたちに布がかけられます。みんな、おやすみなさい。

ホール入り口付近  シンボル的ビッグベア群とイベントバナー

閉場前に、ホール入り口に展示してあるビッグベアたちを撮影。近くに寄っていくと、手前のワニが動いていて、思い切りビクッ!ってなりました。口が、う、動くんだ。。。



《2日目》 7月8日(日)

2日目会場へ、戸山口方向から歩いて向かう途中の景色

2日目はJR山手線 高田馬場駅で下車、戸山口を出て会場へ向かいました。駅からの距離はこちらのルートが少し近く、坂道がなくてキャリーケースが引きやすかったです。日陰も多く、移動が楽でした。

2日目のディスプレイの様子、うさぎたち「うーんまだ眠いよう。」

9時過ぎに会場へ着くと、眠そうなうさぎたちとディスプレイを起こし、再びスタートモードに。2日目は10時から開場。

後片付けの様子 ワレモノはエアキャップで梱包して。

16時、イベントは無事終了し、お隣ご近所様にお疲れ様でしたとあいさつ。
会場では拍手、みんなで成し遂げた一体感が気持ちいい瞬間です。
しかし、余韻に浸る間もなく、ものすごいスピードで片づけの時間が始まります。
この撤収作業は、イベントに参加するたびに鍛えられていく感じがします。

もう誰もいないよ、これから帰ります。

キャリーケースとバスケットに荷物をまとめ終わると、ほとんど人はいなくなっていました。バスケットは蓋つきで、軽いけど固く頑丈です。段ボール箱の代わりにテストで使ってみました。ぶつけても濡れても平気、重ねられる、繰り返し使える、見た目かわいいなどメリット多め。主人は最初「えー、これ持ってくの?」と反対していましたが、最終的にはいいねって言っていました。バスケットは大好きなのでこれからも使いたいです。

素敵な出会い、お菓子ありがとうございました。

家についてホッとしながら、いただいたお菓子を並べてみました。こんなたくさんの方々と交流。イベントってやっぱりすごいのです。
(2日くらいで主人とおいしくいただきました、ありがとうございます)


《お礼》
うさぎたちを騎士としてお迎えくださった、新しいご主人様方、カーリエ、ナイア、チルキーをこれからも末永くよろしくお願いいたします。
作品のことなどいろいろお話聞かせていただいたご近所様、ありがとうございました、とても楽しい時間を過ごせました。
そして先輩作家様、先生、たくさんの方と1年ぶりに会えたことも。
はじめましての方も手に取っていただけ感謝しております。
また来年、元気で参加できるよう、1年間主人と二人で頑張ります。





空に祈るカモメ
 
《最後に》
この度は平成30年7月豪雨による災害で、被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

イベント出展者の中にも、この大雨で参加できない方たちがおられたそうです。
私の地元も浸水があった地方です。実家は断水などありましたが、なんとか無事でした。

たくさんの方が被災、避難されています。
一日も早く復興され、普通の生活に戻られますようお祈りいたします。
コンテントヘッダー

テディベアコンベンション2018に出展します。


「テディベアコンベンション2018に出展するんだって、ドキドキ、みんな落ち着いて!」

テディベアコンベンション2018 DMチケット

次のイベント出展が決まりましたので、お知らせします。


【イベント名】
第26回 日本テディベア with Friends コンベンション
~テディベアにできること~

【日時】
《1日目》 2018年7月7日(土)
会員プレビュー(会員カードが必要) 11:00~
一般入場 12:00~17:00(最終入場は終了時間の30分前)
《2日目》 2018年7月8日(日)
会員・一般入場 10:00~16:00(最終入場は終了時間の30分前)

【会場】
ベルサール高田馬場
〒169-0072東京都新宿区大久保3-8-2

入場料
一般 1,000円(2日間有効)
前売り券 800円(2日間有効)
小学生以下無料
テディベア協会会員(会員カードをご持参)無料

【主催】
特定非営利活動法人日本テディベア協会

出展者一覧
出展される作家さんの一覧です。

イベント公式トップページ
イベントでは、時間ごとにいろいろなお楽しみプログラムがあります。リンク先でご確認ください。



【出展名】
FluffyKnights (読み方:フラッフィーナイツ)

【テーブル番号】
A67

チャリティーラッフル
7月7日に出ます。



【テーブル配置図】

テーブル配置図 とっても広いです。

とっても広い会場です。
休憩しながらゆっくり楽しんでくださいね。
チケットは購入後、2日間出入り自由です。


チャリティーラッフルは、この子が参加します。

名前は『カーリエ』ちゃん。お城の前で。

この子はモヘアの配色とパーツを主人が決め、私が縫った合作です。
とても大人っぽくシックな色合い、名前は『カーリエ』ちゃんと言います。
首元の二つの鈴が小さく鳴るのも癒されます。



この子がチャリティーラッフルに出ます。名前は『カーリエ』ちゃん。

今回は、ブログ用に主人がコマ撮りアニメ(Stop motion animation)を撮ってくれました。
(お使いの環境によって再生できないかもしれません)

ぬいぐるみが動くと生き生きしていて楽しいです。
私の頭の中では、いつもこんな風に妄想しています。


イベントまで1か月ありますが、すでに緊張しています。
今回も当日まで気を抜かず、元気に参加できるよう頑張ります。
私たちFluffyKnightsは、A67のテーブル(会場入って奥の方)に居ますので、よろしかったら遊びに来てください。


【おまけ】

部屋でディスプレイの練習中。

今年はテーブルサイズが横長になりました。主人がどうしても椅子に座りたいと希望したので。
ということで、ディスプレイが間延びしないように、部屋で練習しています…。
コンテントヘッダー

ドールワールド・リミテッド2017 ご来場ありがとうございました。


ドールワールド・リミテッド2017 ブースの様子

ドールワールド・リミテッド2017は無事終了いたしました。
ご来場いただきましたみなさま、大変ありがとうございました。

今回は、新作5体を含む、計11体を連れて行きました。
11体のうさぎたちは残念ながら、騎士になれませんでした。
当分は騎士見習いのままです。

【感想】

江戸通りから見える、スカイツリー

会場最寄の浅草駅に着くと、江戸通りからスカイツリーが見えてきます。
朝9時は少し肌寒い冬の空気でしたが、青空が見えるくらい晴れわたっていて良かったです。

ネイチャーアニマルワンダーランド、ドールワールド・リミテッドのポスター

10分くらい歩いて、台東館に着くと、外にはイベントポスター。

各展示室、本日のご案内

4階の展示室前には案内板がありました。
これを見るとなぜか緊張します。

飾りつけは手際よく?

入り口で受け付けのチェックを済ませると、ブースまで行き、さっそく主人と二人で、飾りつけを始めました。
椅子が二つ、テーブルも奥行きがあるので、とてもゆったりした空間です。

時間中たくさんの方が見てくださり、手に取っていただけました。
お客様や、作家様とお話しして、うさぎたちが騎士になること以外にもたくさん勉強になりました。
まだまだ人前での緊張がひどいので、早く慣れていきたいです。
コンテントヘッダー

ドールワールド・リミテッド2017 ブース番号のお知らせ


「ドールワールド・リミテッド2017のDMが届きました」

ドールワールド・リミテッド2017 DM 100mmx148mmサイズ

今度出店する、ドールワールド・リミテッド2017のブース番号が決まりましたのでお知らせします。

【イベント名】 ドールワールド・リミテッド2017
【日時】 2017年12月3日(日) 12:00~17:00
【会場】 東京都立産業貿易センター台東館(浅草) 4階(半フロア南)
【会場住所】 東京都台東区花川戸2-6-5
★入場無料 (詳細は こちら
【リンク】 トップページ 出店リスト
【主催】 ドールワールド実行委員会

【ブース番号】 K3-2
【出店名】 FluffyKnights

【テーブルの配置図】
2017年会場内 テーブルの配置図

会場の入り口から見て、右半分が「ドールワールド・リミテッド」、左半分が「ネイチャーアニマルワンダーランド」のテーブル配置になっています。

二つのイベントは同時開催、ワンフロアでどちらも行き来できます。

私たちFluffyKnightsはうさぎのぬいぐるみで出店しますが、ブース位置は ドール側 K3-2 になります。
よろしければお立ち寄りください。

ドールワールド・リミテッド2017 & ネイチャーアニマルワンダーランド2017 共通DM 120mmx235mmサイズ

「もしかして緊張してる?」 「してる?」 「してる、手に汗かいてる、喉も乾いたよ、お茶飲みたいな」

あっという間に11月後半になりました。
もう少しで12月3日です。
気を抜かず、無事に参加できるよう頑張ります。

当日は、うさぎのぬいぐるみたちと一緒に緊張していると思いますが、よろしくお願いします。
プロフィール

FluffyKnights

Author:FluffyKnights
うさぎとヴィンテージぬいぐるみ好きの夫婦。
2015年からうさぎのぬいぐるみを中心としたハンドメイド作品を作っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR