コンテントヘッダー

No.0019 Rollo cabbage 2 ロロキャベツ イオーラ


イオーラちゃんの紹介です。

No.0019 キャベツポーチに入った斜め向き

No.0019 キャベツポーチ開いたところ、カボチャの種の枕、ハムスター斜め向き

No.0019 しっぽと、足の裏

No.0019 顔アップ

【仕様】
Serial No. 0019
Name: Rollo cabbage 2 イオーラ / Iorla
Color: ホワイト グリーン
Birthday: 2016.2.29
Stature: 9.5cm(ハムスター) 4.5cm(カボチャ種枕) 13cm(キャベツポーチ)
Weight: 30g(ハムスター) 3g(カボチャ種枕) 20g(キャベツポーチ)
Type: Rollo cabbage

【主な材料】
本体:アルパカ、モヘア、ウルトラスウェード、グラスアイ、目用糸、ハードボードジョイント5セット、ポリエステル綿、グラスビーズ、刺繍糸、ネームタグ
飾り:リネン混バッグクロス、刺繍糸、コットンクロス、サテンリボン、コンシールファスナー、グラスビーズ

【クラス】
騎士
(ご主人様が見つかりました)

【制作背景・感想など】
2番目のRollo cabbageは、『イオーラ』ちゃん。
前回、時間のかかった手足のひっくり返しは2回目なのでスムーズにできるのかと思いましたが、やっぱり1本に30分かかってしまいました。

No.0019 作業中手足をひっくりかえしたところ

No.0018ロロ先生の鼻と口の刺繍糸は、赤色でした。イオーラの鼻口刺繍をするとき、真っ赤すぎない?と、主人が言うので、濃いピンクに変更しました。今見返すと、そこまで気にならないので、主人が気にしていたのは謎です。

No.0019 キャベツ芯の刺繍

ハムスターの本体が出来上がったら、次はキャベツポーチを作ります。布を裁断、刺繍、組立て縫っていきます。
芯の刺繍はロングアンドショートステッチ、面積を作るときの刺し方で、少しずつ塗り進めていく絵のような感覚です。

ポーチが仕上がるところを、イオーラはロロ先生とお話しながら待っていました。
イオーラ 「ロロ先生、キャベツポーチは暖かいですか?」
ロロ先生 「ポーチの中はホカホカじゃよ。中布はグリーンのギンガムチェック…。イオーラ、君の中布はどうやら水玉のようだ」
イオーラ 「あ、イオーラの好きなライムグリーンの水玉!」

No.0019 作業中キャベツポーチの仕上がりを待っているイオーラちゃん。

マイキャベツポーチが出来上がると、イオーラは中に入って気持ちよさそうにしていました。
ハムスターは、やっぱり隠れ家が無いと落ち着かないみたいです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ドールワールド・リミテッド2017に出店します。


「次のイベントはドールワールド・リミテッドに出店するんだって」

ドールワールド・リミテッド2017の募集案内

次のイベント出店が決まりましたので、お知らせします。

【イベント名】 ドールワールド・リミテッド2017
【日時】 2017年12月3日(日)12:00~17:00
【会場】 東京都立産業貿易センター台東館(浅草) 4階(半フロア南)
 ★入場無料 (詳細は こちら )
【リンク】 トップページ 出店リスト
【主催】 ドールワールド実行委員会


テーブルの配置、ブース番号など詳細が決まりましたら、またお知らせします。

出店リストのページには、紹介文と写真が載っています。


ドール用アンティーク素材などのお店も出店されるイベントなので、素敵なリボンやパーツ探しが、とても楽しみです。
アンティークベアのお店もワクワク。

12月まであっと言う間なので、頑張って新作を作りたいと思います。
コンテントヘッダー

ジャンガリアンハムスター No.0018 Rollo cabbage 1 ロロキャベツ


ロロちゃんの紹介です。

No.0018 キャベツポーチに入った斜め向き

No.0018 カボチャの種の枕、ハムスター横向き

No.0018 立った正面

No.0018 お尻には小さなしっぽ

No.0018 顔アップ

【仕様】
Serial No. 0018
Name: Rollo cabbage 1 ロロ / Rollo
Color: ホワイト グリーン
Birthday: 2016.2.14
Stature: 9.5cm(ハムスター) 4.5cm(カボチャ種枕) 13cm(キャベツポーチ)
Weight: 30g(ハムスター) 3g(カボチャ種枕) 24g(キャベツポーチ)
Type: Rollo cabbage

【主な材料】
本体:アルパカ、モヘア、ウルトラスウェード、グラスアイ、目用糸、ハードボードジョイント5セット、ポリエステル綿、グラスビーズ、刺繍糸、ネームタグ
飾り:リネン混バッグクロス、刺繍糸、コットンクロス、サテンリボン、コンシールファスナー、グラスビーズ

【クラス】
騎士の模範生
(サンプルで非売品になります)

【制作背景・感想など】
Rollo cabbageは、ロールキャベツのスペルミス?の様ですが、「ロロキャベツ」と読みます。
『ロロ』とは、パールホワイト色のオスのジャンガリアンハムスターで、数年前に縁があって家にやってきました。
写真の子がぬいぐるみのモデルです。名前の由来は、「馬を乗りつぶすほど大きな王様」からもらい、実際のサイズとのギャップが面白くて名付けました。

モデルになったジャンガリアンハムスターのロロ

ジャンガリアンはハムスターの中では、小さくてとてもかわいいサイズ。どうせ作るなら、実物大を目指しました。
手足の表現をどうするか悩んだ末、ペラペラの手(フェルト1枚の手)ではなく、綿を詰めることにしました。
ところが縫った後、片手をひっくり返すのに30分もかかり、この手足は今のところ、自分が作れる限界のサイズです。

頭・背中・手足はアルパカでフワフワ、胸・腹部はモヘアでしっとり、この使い分けが妙なリアル感を生みました。
ハムスターの顔は鼻が円錐形にとんがっていて、口は下についているので正面からは見えづらいです。
目は真っ黒で、時々海老のようだと感じます。お尻には取れそうなほど小さなしっぽ。
観察すると独特で、うさぎとはかなり違います。手は物がつかめ、人の様で器用です。
頬袋があり、シルエットが逆三角になると、マッチョなイメージです。

ロロはキャベツとカボチャの種が大好き、そして昼間はずっと巣穴に隠れて眠っていました。
ぬいぐるみのロロにも、おうちを作ってあげたら落ち着くのかなと思って、ポーチ型のキャベツハウスをデザインしました。
カボチャの種は枕のつもりで、サイズを大きくしました。
キャベツポーチに隠れたり、出てきたり、カボチャの種を手に持たせたり、ハムスターごっこで遊べます。

No.0018 不意に見ると、ドキッとします。

完成後、テーブルの上に置いているのを忘れて、不意に見ると、「あ、ロロだ!」
なんどもドキッとします。また、手のひらに乗せると、お餅みたいで撫でたくなります。

ボディーには綿が少量しか入っていません。これは、体重(30g)をほぼ同じにしようとしたら、ジョイント5セットの重みに大半を取られて、綿が増やせませんでした。しかし、それがかえってハムスターの体の柔軟さ(お餅みたいな)が表現できました。

(上)完成品 (下)シーチングの仮縫い

今回はシーチング(仮縫い)をしました。初めての型紙で、完成体の予測がつかないときは、モヘアより安い生地で試し縫いをします。
平面の型紙では分からないミスが、このシーチング作業でチェックできます。
写真下のシーチングでは、下あごのふくらみが大きくなりすぎたので、型紙を少し削って修正し、写真上の本番モヘアを縫いました。
2回も縫うなんて、手間な作業ですが、これをやっておくとイメージに近い仕上がりになります。

ハムスターに挑戦したら、ぬいぐるみのカテゴリーが一つ増えました。
難しい所もたくさんありましたが、作っていて楽しかったです。
ハムスターごっこも、ついつい遊んでしまいます。
コンテントヘッダー

テディベアコンベンション2017 応募結果は落選でした。


大変遅くなりましたが、応募結果の報告です。

ぽすくま「郵便でーす」 ブルーイエロー「はーい。なになに、ウェイテ...ィング?モゴモゴ、18番」


結果は 『2017年は出展できません』 です。

2月時点の通知では、“ウェイティング”という状態でした。
これは、もしキャンセルの方がいた場合、ウェイティング番号順に出展のチャンスが回ってくるというものです。

6月の頭まで、もしかして?もしかして?と待ち続けていましたが、現時点でキャンセルはでていないそうです。
今年のコンベンションには出れなくなりましたが、フラッフィーナイツは、次の何らかのイベントに出展できるよう頑張ります。

活動詳細が決まりましたら、またブログにてお知らせいたします。


制作中 “屋根裏うさぎ”たち

写真は、現在制作中の“屋根裏うさぎ”たち。
コンテントヘッダー

ピンク&パウダーパープル色 No.0017 実験ウサギ1-7 ネキス


ネキスちゃんの紹介です。

No.0017 立った正面

No.0017 座った斜め

No.0017 顔アップ

【仕様】
Serial No. 0017
Name: 実験ウサギ1-7 ネキス / Neax
Color: ピンク&ラベンダー
Birthday: 2016.1.16
Stature: 17cm
Weight: 54g
Type: 実験ウサギ

【主な材料】
本体:モヘア、エナメルグラスアイ、目用糸、ハードボードジョイント5セット、ポリエステル綿、プラスチックボタン、刺繍糸、ステンレスビーズ、ネームタグ
飾り:チャーム(キャンディケイン)、チェーン、丸カン、カニカン

【クラス】
騎士
(ご主人様が見つかりました)

【制作背景・感想など】
7番目の実験ウサギは、ピンクとパウダーパープルのモヘアを組合せました。顔はホワイトです。
No.0017は『ネキス』ちゃんという名前です。
グラスアイはレッドのアンティークエナメル、ボディのボタンはカラフルでフルーツキャンディーのような色合い。
チャームはキャンディケインの形をしています。
雰囲気からして、飴ちゃんが大好きな子のようです。

実験ウサギはモヘアの実験、次々と色んな色を試したくなります。ベージュのスラーニ、ブルーのルーリー、ピンクのネキス、三人並ぶとカラフルで華やかになりました。

No.0017 (左)ルーリー、(中)スラーニ、(右)ネキス 撮影風景

ネキス誕生後は、イベント準備に向けて展示用の小道具を探していました。ドール用の小さなベンチを2種類見つけたので購入してみると、実験ウサギ達のサイズにピッタリでした。
ドール家具は縮尺が何種類かあるので、座るぬいぐるみと椅子との比率をあわせるのは難しいです。
実験ウサギはそういったサイズなどを気にしていなかったので、座れると判ったときは嬉しかったです。

ネキスはご主人様の元、騎士としてお仕えしています。
プロフィール

FluffyKnights

Author:FluffyKnights
うさぎとヴィンテージぬいぐるみ好きの夫婦。
2015年からうさぎのぬいぐるみを中心としたハンドメイド作品を作っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QR